阪神・淡路大震災復興都市の25年後?

2021年日本建築学会で発表したものです.1995年阪神・淡路大震災で大きな被害があった地域に現在住んでいる人たちは,この都市空間,復興空間をどのように捉えているのでしょうか?都市の復興を評価するのは被災者だけではないのかもしれません.災害復興計画が込めたものと,現実は一致しているのでしょうか?それとも乖離しているのでしょうか?

関連キーワード

阪神・淡路大震災/災害復興/都市計画/まちづくり

この動画の先生について

先生イメージ

越山健治

コシヤマケンジ

社会安全学部 安全マネジメント学科 教授

都市の災害安全性や復興計画について研究しています.また国・自治体の危機管理計画に関する研究も行っています.

この先生に興味を持たれた方へ

研究内容について、授業やゼミについて、産学連携についてなど、なんでもお気軽にお問い合わせください。あなたのご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ