災害時要配慮者の避難支援に関する新たな動向―個別避難計画作成の義務化

災害対策基本法が令和3年に改正され、市町村長は高齢者・障害者等が災害時に円滑に避難できるように個別避難計画を作成することが義務づけられました。その経緯を含めて紹介をしていきます。

関連キーワード

自然災害/避難支援/避難行動要支援者名簿/個別避難計画/個人情報

この動画の先生について

先生イメージ

山崎栄一

ヤマサキエイイチ

社会安全学部 安全マネジメント学科 教授

関西大学社会安全学部教授 専攻は、憲法・行政法・災害法制。特に、被災者支援法制、高齢者・障がい者等の災害時要配慮者の支援、災害時における個人情報に関する調査・研究を行っている。

この先生に興味を持たれた方へ

研究内容について、授業やゼミについて、産学連携についてなど、なんでもお気軽にお問い合わせください。あなたのご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ