細胞に学ぶ!プラスとマイナスをもつポリエステルでリサイクル効率化に挑戦

プラスとマイナスの電荷を有する細胞膜表面の構造に学んで,ペットボトルなどに使われるポリエチレンテレフタラート(PET)の分子骨格にプラスとマイナスの構造を導入した,双性イオン型ポリエステルの合成に成功しました。この双性イオン型ポリエステルは,水だけで油汚れを洗い流すことができます。また,接着剤としてもつかうことができ,酸性溶液に漬けると接着部分を剥がすことができます。 本研究は,(独)環境再生保全機構の環境研究総合推進費(JPMEERF20203R01)により実施しました。

関連キーワード

プラスチック/リサイクル/はつ油性/接着剤

この動画の先生について

先生イメージ

河村暁文

カワムラアキフミ

化学生命工学部 化学・物質工学科 准教授

専門は高分子化学です。医薬・医療に必要な要素を化学構造に落とし込んで,これを基に新しい高分子を設計して合成することにより,新しい医用材料の創出に挑戦しています。

この先生に興味を持たれた方へ

研究内容について、授業やゼミについて、産学連携についてなど、なんでもお気軽にお問い合わせください。あなたのご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ