池見陽が語る体験過程

心理学研究科 心理臨床学専攻 池見陽 教授
人の体験はそもそも言葉や概念で形成されていない。未形成の意味の感覚を言葉にしていくことによって、人は新たな意味を創造していく。日本語での解説に加え、この基本原理を応用した心理療法の方法である「観我フォーカシング」(Kanga Focusing) と「アニクロ」 (Crossing with Animals) を実施している場面(英語2場面)を紹介している。

関連キーワード

フォーカシング/体験過程/観我フォーカシング/アニクロ/意味の創造

この動画の先生について

先生イメージ

池見陽

イケミアキラ

心理学研究科 心理臨床学専攻 教授

この先生に興味を持たれた方へ

研究内容について、授業やゼミについて、産学連携についてなど、なんでもお気軽にお問い合わせください。あなたのご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ